リスティング広告運用

リスティング広告とは(概要・特徴・メリット)

リスティング広告とは

リスティング広告とは、広告を配信してアクセスを集める集客方法を指しています。リスティング広告を利用すると、少額の費用で効率よく、また初心者の方でも簡単にサイトへ集客することができます。広告が配信される場所は、グーグルやヤフーなどの検索結果欄ですが、「購入した検索キーワード」に連動して広告が表示されますので、広告効果が高いものとなっています。

リスティング広告とは

リスティング広告の特徴とメリット

予算枠・広告費の調整が可能。リアルタイムに反映。
1クリック数円から広告を掲載することができますので、予算の状況を見ながら、入札金額の増減額、予算枠の追加 ・ 削減を行うことが可能です。また、キーワードの追加 ・ 変更なども可能で、リアルタイムに反映されます。

費用対効果を明確に測定可能

リスティング広告では、消化予算にくわえ、キーワードごとのコンバージョン数(成約数)、コンバージョン率、コンバージョン単価など、それぞれの重要指標を確認することができ、費用対効果を常に確認できます。

お問い合わせはこちら>>

弊社のリスティング運用の強み

広告効果の常時検証

運用時には検証ポイントを設定し、定期的に各重要指標の確認を行っております。クリック数、コンバージョン数よりもコンバージョン単価の低減とコンバージョン率の最大化を目標に、運用を行っております。

運用者の管理案件を限定

広告予算枠の多寡にかかわらず、徹底した運用を実施しております。そのため、一般的な代理店と比べて運用者の管理コストがかかりますので、必然的に運用可能な案件数が限定されます。

クライアントへのフィードバック

毎月の報告レポートなどを通じて、毎月の運用状況 ・ 広告費の遷移を定期的にクライアントへ報告しております。あわせて今後注力すべきキーワードや相性の良い広告手法のご提案も行っております。

リスティング広告運用実績

MDQ リスティング広告運用実績1

MDQ リスティング広告運用実績2

お問い合わせはこちら>>